A A A
Close
<Return
カウントダウン 262
Ask me anything
about CR EXPO
与50,000专业买家共赴中国最大的福祉康复盛会

展示会ニュース

Booth Application Visitor Pre-registration

2019中国国際福祉博覧会の記者会見が北京で開催されました

展示会ニュース 2020.04.26

中国国际福祉博览会

 

9月9日、2019中国国際福祉博覧会の記者会見が北京で開催されました。 中国身体障害者聯合会リハビリテーション部副主任馮力、中国身体障害者聯合会宣伝部主任郭利群、中国身体障害者補助具センター主任李晞、北京市身体障害者聯合会副会長董連民、広州市保利錦漢展覧有限公司(保利展覧)総経理蔡東翔などが会議に出席しました。

 

中国国际福祉博览会

写真は会議サイトを示しています

 

2019中国国際福祉博覧会は、中国身連が主催し、中国身体障害者補助具センターと北京市身体障害者聯合会が運営し、広州市保利錦漢展覧有限公司が共催する中国唯一の障害者と高齢者福祉業界の国家級展示会です。 12年にわたる発展と蓄積で、勢いを増し続け、より開放・包括的な方法で業界をリードし、我が国の補助具業界、さらに障害者支援事業の発展を展示する重要な窓口となっています。また、政府、企業、学校、研究機関、ユーザーを一体化した総合的、ハイレベルの交流やビジネスプラットフォームでもあります。 

 

「2020年には、豊かな社会が全面的に構築され、障害者も同様」。党と政府は、障害者支援事業を重視し、障害者の基本的な生活保障、公共サービスの拡大、リハビリ補助具産業発展を促進するため、一連の方針や政策を打ち出し、障害者の福祉プロセスが日増しに加速しています。

 

国内最も影響力のある国家級補助具産業博覧会として、2019中国国際福祉博覧会と中国国際リハビリテーション博覧会(CR EXPO)が10月10日-12日に北京国家会議センターで開催される予定です。会場面積は25,000平方メートルに達し、世界16カ国と地域から350社企業が参加する予定で、約50,000人の専門的来場者が展示会を見学すると予測されます。

 

記者会見で、中国身連リハビリテーション部副主任の馮力氏は、2019福祉博覧会の準備、支援活動、注目点などを発表しました。

 

一、「一帯一路」の枠組みに障害者のテーマ活動を組み込む

 

第二回「一帯一路」の枠組みにおける障害者テーマ活動の重要な内容の一つとして、2019中国国際福祉博覧会は、会期中に第三回世界補助具産業発展大会、ASEMの枠組みにおける障害者ハイレベル会議、北京国際リハビリテーションフォーラムなど30回以上のイベントも開催される予定です。「一帯一路」沿線諸国の補助具分野での協力を促進するように、数十カ国と地域の代表者が参加する予定です。

 

中国国际福祉博览会

 

二、良質のリソースを集め、補助具産業の発展を実践的に促進する

 

(一)ブランドが集まり、国内外の大手企業が数多く出展。

 

今回の展示会では、スウェーデン、ドイツ、スイス、イスラエル、イギリス、ドイツ、フランス、アメリカ、ベルギー、デンマーク、ロシア、アイスランド、韓国、中国など16カ国と地域から350社有名企業が新製品とサービス理念をもたらし、出展します。

 

(二)専門性が強く、展示エリアの細分化により、需給に正確なマッチングを促進。

 

リハビリテーション、義肢装具、バリアフリー生活三大展示エリアがさらに強化され、伝達障害のリハビリ、養老リハビリ、視力、特殊教育、補助具部品など特色のある展示エリアが効果的に付け加えられ、リハビリ補助具と障害者支援、医療、養老など分野のさらなる融合が促進されます。

 

中国国际福祉博览会

 

(三)展示品の品揃えが豊富、リハビリ補助具のサプライチェーンを網羅。

 

展示品には、移動お出かけ、義肢装具、視聴コミュニケーション、家庭生活、モニタリング介護、リハビリテーション、バリアフリー施設、福祉車両だけでなく、様々なサービスや解決案など、例えばリハビリ評価ソフト、健康管理、パーソナライゼーションサービス、文化、体育など観点からのコンテンツも、さまざまな来場者のニーズを満たすために展示されます。

 

(四)製品の性能向上、より多くの新しい技術、新しい応用を展示。

 

今回の展示品は、スマート化、軽量化のトレンドが示され、応用範囲が広く、いろんな補助具ニーズに網羅しています。例えば世界最軽量の折りたたみ車椅子、最軽量膝関節、初めてのスマートIoTリハビリテーションシステム、初めてのスマート眼鏡、初めての点字マップ、業界最小クラス、パフォーマンス最高のアイコントロールディバイスなどが展示されます。

 

中国国际福祉博览会

 

三、先進的なコンセプトと技術の普及、業界モデルをリード

 

(一)展示と体験。

 

同期に、バリアフリー生活展示エリアでの体験を催すことにより、「労働者港バリアフリー展示エリア」、障害者支援サービス展示エリア、障害者支援慈善・公共事業展示エリアなどを設置し、障害者にバリアフリーワンストップサービス体験を提供します。

 

(二)フォーラムと会議。

 

主に以下が含まれます:補助具政策交流会、世界補助技術パートナー聯盟会議、リハビリ産業握手職業教育-産教融フォーラム、特殊児童教育リハビリサミットフォーラム、国際ロービジョンリハビリフォーラムなど10回以上のセミナーフォーラムがあります。それらの会議は、このプラットフォームを十分に利用し、補助具産業発展の新政策、新企画、新技術を宣伝、交流し、産業発展の方向性を導きます。

 

中国国际福祉博览会

 

(三)プロモーションと提携。

 

主に含まれるのは、新製品と新技術の発表、第一回福祉京東ショッピング祭りの開催、商談エリアの設立など。博覧会の貿易促進の役割を十分に発揮し、会場内外、オンラインオフラインの提携を促進するのが目的であります。

 

中国国际福祉博览会

 

さらに、北京市の身体障害者、高齢者が福祉博覧会の参観をより便利にするため、組織委員会は北京に複数の駅を設置し、無料のシャトルバスサービスを提供します。また、展示会場では、障害者に車椅子の貸し出し、グリーンゲート、ボランティアによる館内誘導などサービスを提供します。事前登録した来場者は、登録コードで入場証自動発行機より手続きをし、スムーズな入場ができます。

 

中国国际福祉博览会

 

入場の事前登録 

 

中国国际福祉博览会

 

2019中国国際福祉博覧会は開催30日前のカウントダウンに入りました。新たな提携チャンスを共同で切り開き、リハビリ補助具産業をより大規模、よりハイレベル、より良い品質に邁進するよう促進するため、各業種からの幅広い参加を心から歓迎します。金秋十月、北京国家会議センター、ご来場をお待ちしております!

 

中国国际福祉博览会

中国身体障害者補助具センター主任李晞

「障害者支援業界の開発プラットフォームを開発するためのプラットフォームを作成する方法」に関する記者からの質問に答える

 

中国国际福祉博览会

北京市身体障害者聯合会副会長董連民

身体障害者用補助具のサービスに関する北京の取り組みを紹介する

 

中国国际福祉博览会

広州市保利錦漢展覧有限公司(保利展覧)総経理蔡東翔

2019年福祉博覧会の全体的な状況とハイライトのさらなる紹介

 

中国国际福祉博览会

主要な主流メディアとプロのメディアが登場


2019中国国際福祉博覧会及び中国国際リハビリ博覧会は中国障害者連合会-中国最大の福祉及びリハビリ博覧会
2019.10.10-12 中国?北京?国家会議センター
2019福祉展覧会情報お問い合わせ:
電話:+86(0)20 8989 9650罗小姐
配送箱:luohaoting@polycn.com