カウントダウン
Ask me anything
about CR EXPO
A A A
Close
<Return
Welcome to China's largest care and rehabilitation expo with 50,000 visitors

なぜCRに出席する

展示ブース申請 観客事前登録
なぜCRに出席する

中国障害者連盟、中国国際福祉博覧会、中国国際リハビリテーション博覧会が主催する13回のセッションが成功裏に開催され、国家レベルの障害者補助用品見本市と中国最大の福祉リハビリテーションフェアである。 この展示会では、世界的なリハビリ、援助、年金、健康産業における新しいテクノロジーと新しいアプリケーションを集め、将来の業界の発展を導き、企業が無限のビジネスチャンスを掘り下げるのを支援します。

中国最大の福祉及びリハビリテーション博覧会
  • 25,000 m 2

    展示面積

  • 350

    出展企業

  • 50,000

    専門的来場者

特徴

  • 権威的産業プラットフォーム 唯一国家級専門展示会

    中国身体障害者連合会が主催し、13年発展し続けて、すでに国内最大規模、最強専門性と国際化の補助具専門展示会となりました。 【展示会の実施者】

  • 精確なマッチングプラットフォーム 産業チェンの上下流を貫く

    身連系統、医療衛生系統、健康、養老など多分野の専門的来場者を会場まで招き、参観、商談、調達をします。参加者に需給ルートの拡大に助力し、ハイレベル、精確な提携マッチングを実現します。

  • 専門的展示プラットフォーム 世界中のトップブランドが集まり

    22か国及び地域からの有名ブラントが集まり、国際出展者数が全体の30%を占めます。新技術、新応用を展示し、科学技術成果とソリューションの大きな進展に焦点を当てます。

  • フロンティアのコミュニケーションと知識のための複数の機会

    今回の展覧会では、国際会議、仲間作り会議、プロモーション会議、新製品や技術に関するプレスリリース、そして業界の有力な専門家とエリートが集まり、参加者がコミュニケーションと協力を成功させるための特別フォーラムが行われます。 【イベント予告】

  • 効果的なメディアカバレッジ

    新華社通信、人民日報、CCTV、中国全国ラジオ、中国ニュースサービス、中国障害者誌、中国聴覚と音声リハビリテーションサイエンスマガジンなどの有力メディアが出展者にプロモーションサービスを提供するために参加します。

【クリックしてポストショーレポートを取得する】

訪問目的

出展者との直接対面コミュニケーションにより、正確な協力とドッキングを実現

業界のビジネスパートナーと通信してビジネスネットワークを構築する

学会の集まりは、リハビリや補助器具の分野における最新の理論的実績や経験、技術の学びや交流の場です。

リハビリ、福祉機器、老齢ケアの分野の有名な専門家や業界リーダーの話を聞き、業界の発展について話し合い、あなたの質問に答えてください。

実践的な演習や競技に参加することは、スキルを向上させ、練習の成功率を向上させるのに理想的です。

すぐに現在の視聴者になるにはクリックしてください

第二に、グループバイヤーは権利を享受し、時間と効率的な調達を節約する

10人以上のバイヤーのグループの場合、グループメンバーは以下の独占的な特典を楽しむことができます:

購入者グループの特別登録カウンターを使用して、すぐに証拠を入手する

展覧会パンフレットとギフトのコピー(100元/コピー)

無料グループ写真撮影

特別展の紹介

テーラーメイドの旅程(詳細は主催者にお問い合わせください)

35人以上のグループが車の送金を申請することができます(詳細は主催者にお問い合わせください)

視聴者のコメント

ロシアの

当社は、毎年中国から大量のリハビリテーション機器を輸入しており、奥漫優悦、瑞傑瓏のような多くの出展企業から沢山の新製品を見てきました。 また、会場で多くの購入意思のある製品も見つけ、これから具体的な調達手続きなどについて、さらに商談するつもりです。それから、弊社のパートナーとも会場でお話ができました。"

——ロシアのKRUST社 社長セルゲイ・グリバノフ

馬碌義

福祉博覧会はリハビリテーション補助具分野で、非常に専門的かつ主なプラットフォームであり、身体障害者により多くのサービスを提供するため、展示会で出展されたいくつかの新製品を京東 ECサイトに導入したいと考えています。 来年、また福祉博覧会に来ます!

——京東健康医療機器部 部長馬碌義

周曄

国際福祉博覧会の展示内容は非常に豊富であり、多くの外国メーカーも出展しています。彼らは、たくさんのハイテク補助具をもたらし、例えば聴覚障碍児の分野では、最初の補聴器から現在の人工内耳まで進歩してきました。それにより、特別なニーズを持つ人々が社会により溶け込むよう適切なサポートをしたと思い、とても感動的です。

——北京市東城区特殊教育学校 校長周曄

劉勁松

今年、我々はこの博覧会を通して、会場で車椅子適合性の実演会を開催し、とても良いと思います。多くの専門的かつ実用的な知識をその場で共有することができ、同業者や従事者が適合性のある補助具やサービスをより良く提供するアイデアをひらめくためにも、宣伝やプロモーションのためにも、非常に良い役割を果たしたと思います。

——中国リハビリテーション研究センター北京博愛リハビリテーション医院義肢整形外科 部長劉勁松