A A A

カウントダウン: 204

クローズ
<リストに戻る
カウントダウン 204
Follow us

第11回2017中国国際福祉博覧会及び中国国際リハビリ博覧会の来場者事前登録は2017年5月にスタートの予定です。ご期待を! ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
電話 :+86 (0)20 8989 9605/8989 9600,
Email :CRCinfo@polycn.com

中国最大の福祉及びリハビリ博覧会

2019.10.10-12 中国・北京・国家会議センター

中国国際福祉博覧会及び中国国際リハビリ博覧会は中国障害者連合会と催した我が国唯一の国レベルの障害者と高齢者用品、辅助器具博覧会であり、今まで十二回も開催され、中国最大の福祉及びリハビリ博覧会でもあります。展示会では、リハビリ、補助器具、養老、健康産業の世界最先端な新技術、新成果、新製品が集まり、業界のために技術交流、商業貿易調達、政府発表など多機能、 全面的な提携交流プラットフォームを構築し、産業の未来発展をリードします。

同時開催イベント

評価

中国国際福祉博覧会及び中国国際リハビリ博覧会は中国障害者連合会と催した我が国唯一の国レベルの障害者と高齢者用品、辅助器具博覧会であり、今まで十二回も開催され、中国最大の福祉及びリハビリ博覧会でもあります。

董霊傑

杭州瑞傑瓏科技有限公司の創始者

出展企業の評価

「福祉博覧会の来場者は身体障害者や高齢者が多く、マッチング度が高い、それに来場者数も多く、弊社はたくさんのお客さんを対応しました。同時にこのプラットフォームを借り、同業者の発展レベルを調べることができ、メーカーさんの技術も進化したと感じました。」

廖友峰

広東凱洋医療科技集団有限公司実効役員

出展企業の評価

「博覧会は、弊社新製品普及のための最高のプラットフォームであり、前と比べ、会場までお越しいただいたたくさんのお客さんは、ただ見るだけではなく、体験で実感する顧客が多くなりました。さらに技術革新がすさまじい勢いで進む中、我々も観察と勉強が同時進行しなければなりません。今回の博覧会はより国際化になり、名実ともに世界三番目の福祉博覧会といえるでしょう。」

Bruce Boulanger

博動アジア太平洋地区責任者

出展企業の評価

「中国バリアフリー環境整備の進展に伴い、私たちも毎年、先進的な経験とソリューションを展示することにますます注目しています。今年の博覧会は、基準、規模、入場者数など様々な面で前より高いレベルに達しています。」

Christopher Loan

中カナダ大使館商務処長官、一等書記官

出展企業の評価

「中国補助具マーケティングの有望性と博覧会の権威性で、カナダ企業の参加を引き付けました。今回のきっかけで、中加補助具のより深い提携を開拓しようと期待しています。同期に開催された中加補助具フォーラムも意義深く、両国企業間の交流・マッチングを促進しました。」

柯侑倫

福宝科技股分有限公司副社長

出展企業の評価

「台湾企業としては、初めて中国本土最大のリハビリテーション福祉博覧会に参加しました。会場では、多くの人々が参加し、著しい効果が得られたと思います。私たちが展示した製品は非常に人気を獲得し、イノベーション製品賞を受賞しました。国際化への迅速な移行に対する自信を強められました。」

王銘

北京工道風行知能技術有限公司セールスディレクター

来場者の評価

「当社は11年連続で福祉博覧会に参加しています。今年の注目点の1つは、始めにコンテストがあり、後期にフォーラムがあることです。お客さんに製品や技術を理解させながら業界の動向も予測できるし、さらに多くの同業者が関与し、様々な製品やサービスに対する障害者のニーズに満足できました。」

Antonenka Mikhai

ベラルーシ視覚障害者協会副会長の

来場者の評価

「政府機関として、我々は視覚障害者用品を探すため博覧会を見にきました。このCR Expoですでに韓国企業と提携に合意をしました。また、視覚障害者用補助具以外、いろんな障害者適用の補助具を見ました。種類が豊富で、これからも組織委員会よりたくさんの優良企業を推薦してほしいと思います。」

孫葆忱教授

北京同仁医院、北京市眼科研究所

来場者の評価

「現在、我が国の眼科医はロービジョンに十分に重視していません。今回、会期中に開催されたロービジョン フォーラムは、全国眼科専門家にロービジョン及びリハビリの普及をし、患者により良いリハビリができるようにサポートしたと思います。」

朱元元

天脈徳源健康管理集団副社長、康養医療総経理

来場者の評価

「高齢者問題の周縁化を緩和するため、弊社は主に高齢者向け製品に興味を持っています。この福祉博覧会で、弊社は一社の補助具生産メーカと詳しい商談まで進み、その後提携の合意をしました。」

許雁

北京瑞鑫安泰健康管理有限公司部長

来場者の評価

「弊社は何回も中国国際福祉博覧会を参加しました。今回の博覧会は、出展者の規模、製品の豊富さ、科学技術的な内容など様々な面で前より改善されました。企業が展示、提携できるようなプラットフォームを提供するだけでなく、ビジネスの発展方向も反映しました。」

ニュースセンター

展示会ニュース2019/1/17 9:06:12

2019中国国際福祉博覧会、開催態勢を整え、 新章開始を楽しみにしています

CR Expo 2019の出展勧誘や企業誘致がスタートしました。業界のビジネスチャンスを掴むため、国内外の企業さんは、ぜひご出展くださいますようご案内申し上げます。

詳細

出展者ニュース2017/8/28 16:25:09

【出展会社お勧め】佛山市東方医療設備場有限会社

佛山市東方医療設備場有限会社は1990年設立して、1990年から始めて椅子車及び老人用品シリーズ製品を開発生産した。25年間の不断的発展を経て、今会社は現代化生産工場を3万平方メートル以上あり、椅子車の年間生産量が65万両、杖歩き助架が200万セットの生産能力に達した。椅子車の生産販売量は同分野中で一番にランキングしており、佛山椅子車のブランドは既に中国に二つだけの有名ブランド製品の一となった、国内と海外にも一定の影響力を有する専門的な椅子車及びリハビリテーション製品の生産メーカーである。

詳細

展示会ニュース2018/10/15 12:25:57

科学技術がエネルギーをまたらす 価値共有:2018中国国際福祉博覧会及び中国国際リハビリテーション博覧会円満に閉幕

10月13日、2018中国国際福祉博覧会及び中国国際リハビリテーション博覧会(CR Expo)は、北京国家会議センターより円満に閉幕しました。三日間の博覧会は、全面的にリハビリ、補助具産業の各細分化された分野の最先端製品と研究開発成果を展示し、身体障害者や高齢者リハビリ事業に応用するイノベーション科学技術の無限のダイナミックを広げられました。

詳細
マスメディア

コンサルティング