A A A

カウントダウン:

クローズ
<リストに戻る
カウントダウン
Welcome to China's largest care and rehabilitation expo with 50,000 visitors

業界ニュース

展示ブース申請 観客事前登録

ABBはIrisbondと提携し、眼球制御ロボットを発明し、半身不随の患者に目で将棋を指す

業界ニュース 2017.09.18

工業ロボット四大家族の一つのスイスABBはスペイン眼球追跡ソフト開発メーカーのIrisbondと提携し、共同に一機種の眼球制御のロボットを作り上げました。

当該ロボットは今が概念デモ段階であり、動作時に、ユーザーは目の眼光の注意点を移動することによって当該ロボットのロボットハンドをコントロールできます。使用時に、人々は目の前のスクリーンの上の実物と同じレイアウトの碁盤を見つめ、パネルの上の特定な部品や斑点来世ロボットハンド の物理部品を見つめることによって移動します。

この発明の意味の一つとしては手が不自由な障害者が将棋を指すことを支援します。


上図の示すように、当該ロボットのボディーが白色で、「ヘッド部」にはカメラが付いてあり、重点機械アーム部分は黒色で、多自由度がと整え、コマンドを受信してから器用に運動できます。ロボットハンド部分には二つの「指」があり、コマの取り作業、アームと共同にコマンド位置まで運動、将棋を指す等の動作を完成できます。

当該プロジェクトに眼球制御ソフトサポートを提供するのはスペイン科技初創公司Irisbondであります。公司の眼球追跡技術は主に赤外線眼球追跡技術に基づき、ユーザーに赤外線を発信後にカメラでユーザーの目の反射光の変化状況を撮影・分析します。アプリケーションについては、当該技術はただ将棋を指すに用いるのみならず、身体障害者が眼球制御にて外部との交流を支援できます。