A A A

カウントダウン:

クローズ
<リストに戻る
カウントダウン
Welcome to China's largest care and rehabilitation expo with 50,000 visitors

業界ニュース

展示ブース申請 観客事前登録

北京市「高齢者能力総合評価実施弁法(試行)」発表

業界ニュース 2019.04.23

北京市民政局、同財政局、同人力資源社会保障局等 7 機関は 3 月 14 日、「北京市高齢者 能力総合評価実施弁法(試行)」を発表した。

本実施弁法は、全 24 条から構成され、評価対象、評価機構、評価辞任、申請・受理、評 価スケジュール等について定めている。WHO の国際生活機能分類(ICF)を指針とし、先行し ている上海、青島、広州等の実施内容を参考に、民政部の「高齢者能力評価」国家標準に 整合する形だとしている。 能力総合評価とケアニーズ評価に基づいて評価を行う。

能力総合評価は、自立活動能力、 認知能力と精神状態、知覚能力とコミュニケーション能力の 3 つの観点から評価を行う。 ケアニーズ評価は上記 3 つの観点に、特殊ケアの状況、居住環境やリハビリ補助器具設備 等を加味して評価する。ケアニーズ評価は 0 級から 8 級の 9 段階に分類される。0 級は能力 総合評価 4 級(正常)、1-2 級は同 3 級(軽度)、3-5 級は同 2 級(中度)、6-8 級は同級(重 度)となる。


評価結果は、失能高齢者ケア補助申請や、公営養老機構入居時の評価等に使用されるほ か、養老機構が入居者の評価結果をもとに運営補助申請を行うことになる。また、本評価 3 の長期介護保険への適用については、現在北京市人力社会保障局や医療保健部門が検討し ているとしている。

<北京市民政局>
2019中国国際福祉博覧会及び中国国際リハビリ博覧会は中国障害者連合会-中国最大の福祉及びリハビリ博覧会
2019.10.10-12 中国?北京?国家会議センター
2019福祉展覧会情報お問い合わせ:
電話:+86(0)20 8989 9650罗小姐
配送箱:luohaoting@polycn.com