A A A
Close
<Return
カウントダウン 262
Ask me anything
about CR EXPO
与50,000专业买家共赴中国最大的福祉康复盛会

展示会ニュース

Booth Application Visitor Pre-registration

マッチング 転換 発展 2019年中国国際福祉博覧会は無事終了

展示会ニュース 2020.04.16

 

 

10月12日,2019年中国国際福祉博覧会及び中国国際リハビリテーション博覧会(CR Expo),北京国立会議センターにて円満に閉幕しました!

 

 

3日間の展示会は、最新のリハビリテーション補助具と技術を持ち込んだ会社であろう、各地、業界各分野から参観に来た来場者であろうと、皆さん展示会で実際の効果を得て、収穫をしました。

 

 

中国リハビリテーションおよび補助具産業の13年にわたる成長につれ、2019福祉博覧会は技術革新で主導され、着実な成長傾向を示しています。

 

今回の会場面積は25,000平方メートルに達し、16カ国と地域から300社以上の企業が出展し、3日間の展示会には5万人以上の専門的来場者が集まりました。中国最大、世界で3番目に大きい国際的業界のプラットフォームとして、2019福祉博覧会は、ビジネスマッチング、情報交換、新製品・新技術のリリースなど大きく役割を果たし、技術的な成果転換やビジネス目標の達成に積極的に促進し、バリューチェーン全体で需給を最適化にし、業界の発展をリードしています。

 

 

コミュニケーションを密に図り、ビジネスマッチングで大きな成果獲得

 

今回の福祉博覧会では、リハビリテーション医療、義肢装具、歩行・お出かけ、視聴・コミュニケーション、住まい・生活など分野の新技術が展示され、大いに盛り上がりました。多くの出展企業は、専門的な展示とマッチングを達成し、提携のチャンスをより広げました。 過去3日間、各展示エリアとブースに多くの来場者が訪れ、活発な雰囲気で商談し、喜ばしい成果を得られました。

 

スウェーデン博動は長年展示しており、営業マネージャーの周国風市は、下記通り述べました。

 
 
 
福祉博覧会は国内リハビリテーション分野で最も重要な展示会です。当社の製造業者は毎年ここで最高の製品とソリューションを展示しています。最適な製品を探すため、身連など専門的来場者から一般消費者までみんなここに来ますので、絶対見逃さないです。
 
 

ドイツの瑞森は今年、より大きな展示規模で出展し、中国エリアの調達、販売部長の胡暁宝氏は、下記のように述べました。

 

 
 
当社はアジア太平洋市場を全力を挙げてサポートするため、今年は展示エリアを拡大しました。大きな出展効果を得られたことから、この決定の正しさを感じました。全国各地からの来場者が弊社ブースにお越しいただき、理学療法士から詳細な説明や専門的なアドバイスを受け、多くの代理店からも関心が寄せられました。

 

BCI技術を展示する浙江強脳科技は、今年の初出展で、意外な喜びを手に入れました。創業者の韓壁丞氏は興奮してコメントをしました。

 

 
 
多くの国際有名ブランドが集まったこの盛大な博覧会は、弊社の洗練された新製品の展示と技術交流のためのプラットフォームを提供しました。


 

団体来場者が参観、収穫いっぱい

 

今回の福祉博覧会には、国内外の専門的来場者が多く訪れ、参観、交流や購買をしました。カンボジア国立医院代表団や世界補助技術聯盟代表団など国際機関、施設を含め、展示会を参観し、リハビリテーション補助具産業の国際交流と提携を促進しました。

 

 

国内の専門的来場者は、身連系統、民政系統、リハビリテーション医療機関、特殊教育、業界組織、養老健康など分野をカバーしています。 それらの中には:

 

▶ 全国から200軒の身連、補助具センター、リハビリテーションセンター

 

▶ 北京同仁医院、北京協和医院、北京リハビリテーション医院、福建医科大学付属第一医院、河南省人民医院、山東省小児眼科医院、北京博愛医院、黒竜江省リハビリテーション医院などその他のリハビリテーション医療機関

 

▶ 北京聯合大学特殊教育学院、淄博特殊教育中心、北京市密雲区特殊教育学校、北京西城区人工耳蝸培訓学校、海淀特殊教育中心、北京市東城区培智中心学校、浙江省盲人学校など機関および研究機関

 

▶ 中国赤十字基金会、中国老年学と老年医学学会、中国社会工作聯合会、中国教育学会特殊教育分会、山東省医学会、北京養老業界協会、北京リハビリテーション医学会、中国獅子聯会、中国老齢事業発展基金会などその他の業界団体

 

▶ 北京誠和敬健康養老集団、燕達養護中心、北京市海淀区和熹会老年マンション、北京市海淀区四季青鎮敬老院、広州市社会福利院、北京市第二社会福利院など養老施設

 

▶ 浙江省民政庁、吉林省民政庁、甘粛省蘭州新区民政司法と社会保障局、深セン市坪山区民政局、石家庄市民政局など民政機関

 

ロシアのKRUST社社長であるセルゲイ・グリバノフは、2度目の福祉博覧会を訪れ、下記のような感想を述べました。

 

 
 

毎年中国から大量のリハビリテーション機器を輸入しており、奥漫優悦、瑞傑瓏のような多くの出展企業から沢山の新製品を見てきました。 また、会場で多くの購入意思のある製品も見つけ、これから具体的な調達手続きなどについて、さらに商談するつもりです。それから、弊社のパートナーとも会場でお話ができました。

 

 

京東健康は、福建省障害者聯合会と会場で戦略的提携契約を締結しました。医療機器部の部長である馬碌義は次のように述べました。

 

 
 

福祉博覧会はリハビリテーション補助具分野で、非常に専門的かつ主なプラットフォームであり、身体障害者により多くのサービスを提供するため、展示会で出展されたいくつかの新製品を京東 ECサイトに導入したいと考えています。 来年、また福祉博覧会に来ます!

 

 

専門家が集まり、同期イベントに沢山の提案

 

会期中、国際セミナー、政策交流会、専門技術フォーラム、新製品新技術発表会、調達マッチング会、バリアフリーの成果展示会、体験会など30回以上の同期イベントが成功に開催されました。参加者に顕著な効果がもたらされるため、産、学、官、応用各分野からの1,000人以上の専門家が、補助具産業の革新技術、適応サービス、ロービジョンリハビリテーション、特殊教育、義肢整形外科、リハビリテーション専門科の構築、地域社会のリハビリテーションなど現在注目された分野に関する学術的な討議を行いました。

 

 

中国リハビリテーション研究センター北京博愛リハビリテーション医院義肢整形外科の劉勁松氏は、組織方式、議題、コンテンツ共有など面から展示会参加の感想をシェアしました。彼は以下のように述べました。

 

 
 

多くの専門的かつ実践的な知識をその場で共有することができ、同業者や従事者が適合性のある補助具やサービスをより良く提供するアイデアをひらめくためにも、宣伝やプロモーションのためにも、非常に良い役割を果たしたと思います。


 

多次元的な展示、主要メディアから大好評

 

1

新華社/新華網、中国新聞社/中国新聞網、『人民日報』/人民網、中国日報China Daily、『光明日報』、『経済日報』、中央放送テレビ局/央広網、央視網、『科技日報』、『人民政協報』、『華夏時報』、『中国青年報』/中国青年網などメディアが次々に取材し、新聞紙、Webサイト、Wechat、TikTokなど媒体を通じて、幅広く展示会を報道しました。

 

CCTV1イブニングニュース

 

央広網ニュース

 

3日間の展示会はすでに閉幕しましたが、それより生み出した提携や交流はそこで終わりません。 今後、福祉博覧会は、業界全体の高品質のリソースを統合し、業界交流やビジネスマッチングのため、より広いプラットフォームを開設し、リハビリテーション補助具産業の活発な発展を実践的に促進しようとしています。 2020年9月17〜19日、またお会いできることを楽しみにしています。