カウントダウン 358

クローズ
<リストに戻る

第11回2017中国国際福祉博覧会及び中国国際リハビリ博覧会の来場者事前登録は2017年5月にスタートの予定です。ご期待を! ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
電話 :+86 (0)20 8989 9605/8989 9600,
Email :CRCinfo@polycn.com

ニュースセンター

展示ブース申請 観客事前登録

出展者ニュース2017/9/25 11:37:32

[出展社推薦]上海フーリエスマート科技有限公司

フーリエはダレ? 彼は19世紀の偉大な数学家であり、21世紀の上海フーリエスマート科技有限公司は職人で、科学者と芸術家の組み合わせであります。一番いい会社は、創始者達が会社を作ることではなく、創始者達がこの世界を変えたいことであります。

詳細

業界ニュース2017/9/19 15:36:28

ABBはIrisbondと提携し、眼球制御ロボットを発明し、半身不随の患者に目で将棋を指す

工業ロボット四大家族の一つのスイスABBはスペイン眼球追跡ソフト開発メーカーのIrisbondと提携し、共同に一機種の眼球制御のロボットを作り上げました。

詳細

出展者ニュース2017/9/19 15:30:35

[出展社推薦]タイカ(上海)国際貿易有限公司

Taica(タイカ)は1948年に設立され、今まで70年近くの歴史を持っています。タイカは1984年に国際特許を得られたよい衝撃吸収素材のハイテク材料αGEL(アルファゲル)を開発しました、それを有効に褥瘡予防マットレスシリーズ製品の製造に用いました。今のところ、タイカの褥瘡予防マットレスは日本静的マットレス市場シェアの一位を占めております。中国での十年間、登録商標のタイカの褥瘡予防静的マットレスは世界先端技術を用いる製品として、多くの病院や老人福祉施設に利用されています。

詳細

  • 科学技術展示とビジネスマッチング共に進展 CR Expo 2017が円満に閉幕

    展示会ニュース2017.9.18

    2017年9月15日、2017中国国際福祉博覧会及び中国国際リハビリテーション博覧会は北京国家会議センターにて円満に閉幕しました。3日間の福祉博覧会は全面的に補助具、リハビリ医療など分野の先端技術、製品とソリューションを展示しました。

    詳細
  • 鍛え磨き前進しながら美文を書き続き 科学技術の革新が将来を推進 2017中国国際福祉博覧会及び中国国際リハビリテーション博覧会は盛大に開幕

    展示会ニュース2017.9.13

    鍛え磨き前進しながら美文を書き続き 科学技術の革新が将来を推進 2017中国国際福祉博覧会及び中国国際リハビリテーション博覧会は盛大に開幕

    詳細
  • 【親切なサービス】車椅子を無料提供、参観に便利を図る

    展示会ニュース2017.9.01

    高齢者、障碍者の方々及びその友達や家族に便利を提供するために、「車椅子無償貸出サービス」を提供いたします。9月13~15日、一緒に盛会へ行きましょう!

    詳細
  • 補助具産業急成長の勢いを助力 2017中国国際福祉博覧会は力を蓄え、絶好の機会を待つ

    展示会ニュース2017.8.16

    2017年8月14日、2017中国国際福祉博覧会及び中国国際リハビリ博覧会の記者会見が中国身連にて開催されました。

    詳細
  • 購買意向2億元超!十余省市の障碍者連合会補助具系統は共同発表

    展示会ニュース2017.7.20

    2017中国国際福祉博覧会及び中国国際リハビリ博覧会(以下CR Expo 2017という)は2017年9月13~15日に北京国家会議センターで開催されます。

    詳細
  • 【抽選会】観客へのお得が出ました、プレゼントをゲットしよう!

    展示会ニュース2017.7.15

    バイヤーは抽選会に参加すれば、プレゼントを獲得するチャンスがあります。

    詳細
  • ウェアラブル・ロボット協会中国に初進出 CR Expo2017インテリジェント科学技術は知恵で未来を創造

    展示会ニュース2017.6.30

    インテリジェントテクノロジーが次々と勢い現れ、インテリジェントを中心とする新たな科学技術革命と産業の変革は道の最中であります。ここ近年、国際スマート補助具分野の科学技術の革新は高く活発になり、情報、ネットワーク、マイクロエレクトロニクス、生物材料、精密加工など各種先端技術と革新的な成果は、スマート補助具分野との浸透・融合がますます加速し、スマート補助具は次第に産業競争の焦点となる分野となってきました。

    詳細
  • 聴力回復にNつの可能性を作り出し、CR Expo2017特色展示エリアが業界新方向に注目

    展示会ニュース2017.6.27

    報道によると、我が国の新生児先天性難聴の発病率は1‰~3‰であります。年齢が上がるにつれ、永久性難聴は引き続き増加し、5歳前に難聴の発病率は2.7‰に上昇し、思春期には3.5‰に達し、高齢者になると、73.58%に及びます。現在、我が国0~6才の難聴児は、約13.7万人がいます。更に、毎年3万余りの子供の症例が新たに増加しています。聴覚障害児を回復させることは、救助性のある一つの仕事として、国家計画に組み込んでいます。世界保健機関(WHO)のデータより、60%以上の子供の聴力損失は免れます。よって、児童聴覚障害の早期発見、早期関与、早期回復は極めて重要であります。

    詳細
  • CR Expo 2017来場者事前登録スタート

    展示会ニュース2017.5.04

    世界三番目の福祉展、中国唯一の国家部委レベルの身体障害者補助具博覧会として、2017中国国際福祉博覧会と中国国際リハビリテーション博覧会(以下CR Expo 2017と略称)は2017年9月13-15日に北京国家会議センターにて開催される予定です。今回の展示会規模は20,000平米に達し、世界から350社有名企業の出展に引き付けると予想されています。展示会では国際補助具製品、技術、サービスと我が国の身体障害者用補助具事業発展の新しい成果を全面的に展示する予定です。展示会がスタートして以来、新旧出展者ともに絶賛を博され、展示ブースは既にご好評につき完売いたしました。

    詳細
  • 補助具展示エリア大手企業が集まり 産業向上の促進を助力

    展示会ニュース2017.4.25

    製造業、サービス業に横たわるベンチャー業態として、需要と政策二つの駆動をするうえで、補助具産業は潜在力が巨大で、見通しは広いです。全国の身体障害者基本サービス状況と需要の特定項目調査によると、我が国の758万手帳を持っている身体障害者は、基本的な補助サービスを得ていません。高齢、病気と身体障害の老齢人口の迅速な増加により、補助具製品とサービスの需要が増える一方です。同時に、国務院が発行した『リハビリ補助具産業の発展を加速するに関する若干意見』は、ハイエンド産業に踏み出すための良好な政策環境を作りました。

    詳細
18 Items 1/2<<上一页12>>