A A A

カウントダウン:

クローズ
<リストに戻る
カウントダウン
Welcome to China's largest care and rehabilitation expo with 50,000 visitors

業界ニュース

展示ブース申請 観客事前登録

全民健康生活方式 医療リハビリ設備の大人気

業界ニュース 2017.08.01

近日、国家衛計委、体育総局、全国総組合会、共青団中央、全国婦人連合などの五つの部署の事務室は連合して『全民健康生活方式行動案(2017-2025年)』を公布した。それは『健康中国2030規格』を実行する具体案である。


方案の内容は主に全国各地に「全民健康生活方式」を展開する行動であり、核心は「三減三健」(減塩、減油、減糖、健康口腔、健康体重、健康骨)、適量の運動、酒とたばこの管理と心理健康などの四つの専門行動である。


文書は体育部署が衛生計生などの関連部署を提携し、運動リハビリの医者、健康指導師などの人材を育成させ、国民体質の測定監督と医療検診を結合させ、体育運動施設と医療リハビリ施設の結合を推進させ、全民運動と全民健康の深い融合を推進させる。


この政策のもとに、医療リハビリ設備と運動リハビリ設備にとしてはいい情報であり、医療養生の発展にすごくいい。

医療養生が人気になる


政策の促進のもとに、医療養生項目はだんだん人気になる。ちょっと調べたら、推進されてる医療養生項目は少なくないことが分かった。


今年の3月、江蘇連雲港市のある医療項目は全面的に完成した。当該項目は投資3.09億元で、敷地面積は100ムーで、建築面積は6万平方メートルで、開放ベッドは828枚で、そのうち養老ベッドは528枚がある。項目は養老と養生、リハビリと介護を結合する方式で、老人の養老問題を解決する。


今年の3月の下旬、四川巴中市恩陽区衛生と計画生育局が情報を公布した。PPP式で、10億元を融資し、巴中市恩陽医療養生園を作る予定がある。当該園の敷地面積は270ムーで、合計の建築面積は18万平方メートルである。建成後、それは当該区の初めての三級甲等総合病院になる。その同時に、当該園の項目は全国の三回目のPPP模範項目に入選された。


同じぐらいの項目も少なくない。政策の促進のもとに、医療養生は投資の新天地になった。

医療養生にどんな医療設備が必要


医療リハビリ施設は普通はそんな施設が入ってるか?済南市養老センター二期が公開した「医療リハビリ設備」から見ると、当該センターが去年入札した設備は以下の設備が入ってる:
介護用ベッド:総合体験機、医療用リハビリ階段、小型のダンベルセット、マッサージ椅子、頸椎牽引機、ジアテルミー理学療法計など。


また、上海のある介護院からの情報によると、当該介護院は主に脳卒中、脳出血、老年脳性麻痺、生活できない、手術後の介護、骨折のリハビリ、臨終ケアなどの人を介護する。医療養生を結合する介護機構として、その主な医療設備はTCD、多機能平行傍線、歩行訓練階段、電動昇降ベッド、エコ、神経筋肉電気刺激治療器、コンピューター中波治療器、脳電バイオニクス電気刺激機、多数パラメーター生命観測器、大型X機、衝撃波整骨治療器などがある。


文書は特に言及したことがある。それは健康が技術を促進することと健康が工具を支えることを開発と展開し、大衆データ、雲計算、知能ハードウェア、携帯APPなどの情報技術を利用し、健康管理の方式を創新し、健康生活方式のサービスの可能性を向上する。


 
(出所:賽柏藍器材)