A A A

カウントダウン:

クローズ
<リストに戻る
カウントダウン
Welcome to China's largest care and rehabilitation expo with 50,000 visitors

業界ニュース

展示ブース申請 観客事前登録

基本高齢者ケアは政府の義務

業界ニュース 2017.06.22

高齢者の女性が杭州の老人ホームで死亡。[Sun Yidou / チャイナ・デイリー]

 

中国国務院は最近、高齢者ケアサービスのガイドラインを発表した。高齢者のニーズに基づいて、このガイドラインは高齢者のための原則と高齢者が享受すべき福祉を定めており、基本サービス、公共施設、健康・文化サービス。北京ユース・デイリーのコメント:
2015年末までに、中国の空の巣の高齢者は1億1000万人を超え、2050年までには、ヨーロッパのすべての国の人口に近い5億人に達すると予測されています。

ガイドラインにおける施策の一部として、実装されている場合、高齢者に多くのことをするのに役立ちます。例えば、貧しい世帯のすべての高齢者は最低限の生活手当を受けることになって、毎年65歳以上の方は無料で健康診断を受けます。

貧しい高齢者が最も脆弱な集団であるため、高齢者、特に貧困層に援助の手を差し伸べることが目標です。

紙の福祉をいかに現実に変えるかは、地方自治体が社会保障制度への投資を増やすことによって決まる。 簡単に言えば、それはお金の問題です。

早ければ2013年9月に、国務院は、税制優遇措置、より多くの土地供給、人員の訓練を含む高齢ケア産業をさらに支援することに関する文書を発行した。

しかし、地方自治体による投資が異なるため、4年が経過し、国内の高齢ケア産業はまだ開発の初期段階にあります。

今度は、ポリシーをより良く実装するために、公共の高齢者のセクターがほとんど利益を出せず、それが目的ではないため、地方自治体は高齢者を助けることからお金を稼ぐことを考えてはなりません。 高齢者ケア産業が成熟している北欧諸国でさえも、地方自治体はほとんど資金を調達しておらず、そこに巨額の投資をしなければなりません。

もちろん、政府の投資に全面的に依存するのは誤解を招きます。なぜなら、それが納税者の負担を増やし、長期的には持続不可能になる可能性があるからです。それは、中国だけでなく、高福祉への疑念が増している先進国の問題でもあります。

地方自治体が高齢者の介護にもっと投資する一方で、民間企業に高齢ケアサービスや施設を提供することも奨励する必要があります。

 

(  China Daily USA )