カウントダウン 302

クローズ
<リストに戻る

第11回2017中国国際福祉博覧会及び中国国際リハビリ博覧会の来場者事前登録は2017年5月にスタートの予定です。ご期待を! ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
電話 :+86 (0)20 8989 9605/8989 9600,
Email :CRCinfo@polycn.com

イベント予告

展示ブース申請 観客事前登録

同期イベントをプレビュー

2017年9月13日、9:40-12:00   テーマ:22017中国国際福祉博覧会及び中国国際リハビリテーション博覧会調達商談会
   

場所

国家会議センターE231会議室、補助具成果展示エリア商談エリア

主催者

2017中国国際福祉博覧会及び中国国際リハビリテーション博覧会

議題

08:40-09:40  展示会参観
09:40-09:50  出席佳賓を紹介
09:50-10:30  バイヤーが調達ニーズを公布(入札者の募集)
10:30-11:10  国内バイヤーが調達ニーズを公布(そのほか)
11:10-12:00  自由交流時間

2017年9月13日、9:00-17:00   テーマ:第八回ロービジョン・リハビリテーションフォーラム
   

場所

国家会議センターE236A+B会議室

主催者

国家衛生と計画生育委員会医政医管局

共催者

中国身体障害者補助具センター

運営者

全国失明予防技術指導グループ
中国視覚障害資源センター
北京同仁医院
北京市眼科研究所

議題

09:00-09:50  オープニング・セレモニー
10:00-12:00  フォーラム演説:国際ロービジョンリハビリテーションにおける発展と問題
12:00-13:30  ランチ
13:30-15:30  フォーラム演説:国内専門家がロービジョンリハビリテーションに関する見解
15:30-15:40  休憩
15:40-17:00  フォーラム演説:ロービジョンリハビリテーションの実践、補助具
17:20-17:30  閉会式

2017年9月13日、13:30-18:10   テーマ:“「一帯一路(One Belt And One Roadとも言います)」国際補助具サミットフォーラム―第七回国際補助具技術革新と適合サービスフォーラム
   

場所

北辰州際ホテル 大宴会ホールA

主催者

中国身体障害者連合会

共催者

北京大学工学院
中国科学院重慶緑色智能技術研究院
天津医科大学眼科医院
奥托博克(中国)工業有限公司
天津奥漫優悦科技有限公司
江蘇星特賽爾康復科技有限公司
広東凱洋医療科技集団有限公司
天津市泰斯特儀器有限公司
奇瑞商用車(安徽)有限公司
常州銭璟康復股分有限公司
仏山市東方医療設備場有限公司
広州漫紐科科技有限公司
北京工道風行智能技術有限公司

運営者

中国身体障害者補助具センター
中国身体障害者康復協会康復工程と補助技術専業委員会

議題

13:30-13:50  代表入場
13:50-13:55  貴賓入場
13:55-14:00  司会より開始の発表
14:00-14:10  指導幹部より挨拶(未確定)
14:10-14:30  民政部--張曉峰
14:30-14:50  科学技術部--張兆豊
14:50-15:10  国標委--徐建軍
15:10-15:30  製品品質認証センター-宋向東
15:30-15:50  中華科技補具協会-陳玉雲
15:50-16:10  中国身体障害者連合会--(未確定)
16:10-16:30  広東省身体障害者連合会--張永安
16:30-16:50  中国身体障害者補助具センター--陳振声
16:50-17:10  (未確定)
17:10-17:30  学術報告--樊瑜波
17:30-17:50  学術報告(未確定)
17:50-18:00  テーマ報告(互邦-未確定)
18:00-18:10  テーマ報告(泰斯特-未確定)

2017年9月13日、14:00-17:00   テーマ:“「一帯一路」補助具技術サービス国際フォーラム
   

場所

国家会議センターE231会議室

主催者

中国身体障害者補助具センター

2017年9月14日、9:30-17:30   テーマ:“2017医療リハビリテーション向けのウェアラブルロボットに関する国際研討会
   

場所

国家会議センター310会議室

指導企業

中国身体障害者補助具センター
北京大学
中国身体障害者補助具センター

主催者

北京大学工学院
Wearable Robotics Association
IEEE-RAS Technical Committee on Wearable Robotics
北京大学工程科学と新興技術高精尖創新センター

運営者

北京工道風行智能技術有限公司

議題

09:00-10:00  到着サイン、現場登録
10:00-10:10  歓迎の挨拶
10:10-10:50  Homayoon Kazerooni教授
10:50-11:30  Arun Jayaraman
11:30-12:00  Joseph K. Hitt博士
12:00-13:30   ランチ/参観
13:30-14:10  Tom Looby博士
14:10-14:50  Sunil Agrawal教授
14:50-15:10  Nicola Vitiello副教授
15:10-15:40  王啓寧研究員
15:40-16:30  ロボット演示
16:30-17:30  歓迎の招待会

申込/問い合わせ方法

参加への申込: http://www.wearablerobotics.com/wearracon-china/register/
会議情報及びスポンサー情報を下記URLご参照: http://www.wearablerobotics.com/

2017年9月14日、9:00-12:00   テーマ:一帯一路国際補助具サミットフォーラム―長江義肢工匠技術フォーラム
   

場所

国家会議センター308会議室

主催者

中国身体障害者連合会

運営者

中国身障者連合会長江新里程計画協調組項目弁公室
中国身体障害者補助具センター
中国身体障害者リハビリテーション協会

議題

09:00-09:10  オープニング・セレモニー
09:10-10:00  第一部分 工匠精神で小康を築く
10:00-10:45  第二部分 ハイテクが発展を引率
10:45-11:25  第三部分 サービス現場(第一線)が特色を凝結
11:25-11:40  論文の授賞式

2017年9月14日、13:30-17:30   テーマ:2017全世界補助具産業の発展大会
   

場所

国家会議センター311B会議室

主催者

中国身体障害者連合会
WHO
ITU
康復国際

議題

13:30-13:45  オープニング・セレモニー

13:45-13:55   《WHO重点補助具リスト》で一部製品の標準研究の署名式

13:55-14:05  越境eコマースプラットフォームでの一部国家戦略提携に関する開始儀式

14:05-14:30  ティータイム

14:30-15:00  レクチャー講演:「一帯一路」と補助具産業

•補助技術提携による「一帯一路」提議のドアをノックした
•「一帯一路」提議での政策、技術と環境の包容力のある発展
•包容力のある発展とリハビリテーション補助具産業

15:00-15:40  レクチャー講演:補助技術の提携

•身体障害者機構が補助具取得面の増進作用
•専門機構とGATE計画
•補助技術とリハビリテーション
•補助技術と世界インターネット化

15:40-16:20  レクチャー講演:補助技術の革新発展

•補助技術成果を判断する必要性とチャンス
•補助技術と標準化研究
•世界補助技術に関する基本研究枠組みの発展
•中国補助具の補助政策:発展現状と改革動向

16:20-17:10  レクチャー講演:補助具産業の展望

•中国補助技術サービスの将来展望
•企業と補助技術
•身体障害者補助具が中国内陸での生産状況に関する調査研究
•小規模の補助具産業が直面する挑戦
•補助技術―勢いよく現れている世界市場

17:10-17:20  閉会式

 

申込/問い合わせ方法

担当:Ms.柳
E-mail: fjcydh@163.com

2017年9月14日、13:00-18:30   テーマ:22017中国国際孤独症の補助技術フォーラム
   

場所

国家会議センターE231会議室

主催者

中国身体障害者康復工程と補助技術専門委員会

運営者

浙江工業大学

議題

13:00-13:40  レクチャー講演:日本孤独症補助具の技術応用
13:40-14:20  レクチャー講演:イタリアリハビリテーションのロボットの研究開発
14:20-14:30  サービス展示:中国孤独症補助具のサービス展示
14:30-14:50  孤独症補助技術専門グループの成立式
14:50-15:00  ティータイム
15:00-15:30  レクチャー講演:台湾VR/AR孤独症補助具の開発と応用
15:30-15:40  サービス展示:中国孤独症補助具のサービス展示
15:40-16:10  レクチャー講演:脳科学に基づきの孤独症のリハビリテーション技術
16:10-16:40  レクチャー講演:補助技術がリハビリテーション機構での応用、実践、探索
16:40-17:00  サービス展示:中国孤独症補助具のサービス展示
17:00-17:30  レクチャー講演:中国身体障害者福利基金会の孤独症項目に関する紹介
17:30-17:50  レクチャー講演:中国孤独症リハビリテーション機構の補助具の配置と応用現状の報告
17:50-18:00  閉会式

2017年9月14日、13:00-17:00   テーマ:国際ハイエンドリハビリテーション補助具の技術フォーラム
 

 

 

 

場所

国家会議センター210B会議室

主催者

翔宇医療

運営者

祥和康複技術産業研究院

議題

•Ku  Juwan(韓国):非外科的な腰椎後方除圧術 non-surgical spinal decompression therapy

•Piero  Galasso(イタリア):足の裏圧力分析療法 Analysis of foot pressure technology

•Paul  Park(韓国):3Dバランス評価 3D balance assessment

•Christof  Van  der  Stichele(ベルギー):国際リハビリテーションの発展動向 the tendency of international rehabilitation development

•Min Jinyoung(韓国):音波震動の効果と機能

 

2017年9月15日、9:00-12:00   テーマ:2017中国国際福祉博覧会及び中国国際リハビリテーション博覧会新製品新技術の発表会
   

場所

国家会議センターE232会議室

主催者

2017中国国際福祉博覧会及び中国国際リハビリテーション博覧会組織委員会

2017年9月15日、10:10-11:50   テーマ:サービスの革新推進 能力喪失大衆を幸せにする―中国補助具の越境eコマースプラットフォームのプレゼンテーション会
   

場所

国家会議センターE231会議室

サポート企業

中国身体障害者補助具センター
中国国際電子商務センター

主催者

浙江福祉投資管理股分有限公司
浙江福祉有助電子商務有限公司

議題

10:10-10:15  司会の歓迎挨拶
10:15-10:25  福祉投資取締役会長陶明より挨拶
10:25-11:10  レクチャー講演:「オンライン評価システム」
11:10-11:20  レクチャー講演:「夢に協力」
11:20-11:40  レクチャー講演:音声盲導メガネ-クリプトン
11:40-11:50  身体障害者オリンピックでフルーレの世界チャンピオンを取った姚芳より所感の発表
11:50-11:55  李晞主任より挨拶
11:55-12:00  司会よりエピローグの発表

2017年9月14日、14:00-16:30   テーマ:老高齢住宅区の高齢化に適応する産業チェーンと資源整合の国際養老サロン
   

場所

国家会議センターE232A+B会議室

主催者

中国不動産産業協会高齢者住区委員会
保利不動産(集団)股分有限公司

運営者

広州市保利錦漢展覧有限公司
民之行(北京)文化伝媒有限公司

議題

13:45-14:00  到着報告と自由交流時間

13:45-14:00  住建部<養老住区における室内全体内装の標準デザイン>課題の紹介及び養老製品が高齢住区プロジェクトでの整合

講演者:陸松濤 中房協老年住区委員会専門家、北京民之行養老産業投資管理有限公司総経理

14:20-14:35  日本高齢者向け製品の発展プロセス及び現状

講演者:馬強 国家発改委国際合作センター研究員

14:35-14:50  澳洋優居壹佰プロジェクトでの高齢者向けの応用

講演者:姚建国 江蘇優居壹佰養老産業投資管理有限公司総経理

14:50-15:20  アメリカ養老パターンの最優実践との対話

有名アメリカ企業がそれぞれに製品、デザイン、管理と運行の四つの面から経験シェア

15:20-15:35   遠洋椿萱茂の高齢者向け関するデザインシェア

講演者: 羅理 遠洋装飾股分有限公司設計院院長

15:35-15:50  在宅高齢者向けの改造実践

講演者:鄂儁宇 北京安馨養老産業投資有限公司取締役会長

15:50-16:05 運行サービス面から高齢者向けに関する要求

講演者:保利不動産和熹会項目総経理

16:05-16:30  ティータイム及び交流時間

申込/問い合わせ方法

連絡先:殷业杰
電話 :+86(0)20 8989 9611,13570982817
E-mail: yinyejie@polycn.com